Toyoshima
Laboratory

お知らせ

 研究室見学などを随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。
 大学院や院試についてはこちらもご参照ください。

最終更新日:2017年4月5日

 はじめに

  生物はみな動きます。筋肉の運動のような個体レベルの運動のみならず、細胞レベルでは細胞分裂や細胞内物質輸送など、動物、植物を問わず、生命活動に必須の運動を行なっています。これらの運動の原動力となる役者は、ATPの化学エネルギーを運動という力学エネルギーに変換するモータータンパク質です。それらは下等な菌類や単細胞生物から高等生物にいたるまで共通の分子構造をもっています。しかし、モータータンパクがどのようなシナリオに基づいて働くのはまだ明らかにされていません。 当研究室では、モータータンパク質の運動のようすを分子レベルで直接見ることを中心に、遺伝子操作、構造解析、顕微操作などの技術を用いて、生化学、分子生物学、細胞生物学、生物物理学といった幅広い視野から、細胞運動の分子メカニズムを研究しています。
<暗視野顕微鏡で観察した再構成運動系>
暗視野顕微鏡で観察した再構成運動系 キネシンをスライドグラスに吸着させ、微小管とATPを流し入れて微小管の滑り運動を観察したもの。(約1.0 μm/sec.)

 当研究室への参加について

  大学の学部時代に生物学を専攻した人も、物理学や化学を専攻した人も、自分の得意な分野をいかしつつ、生命科学の研究者として一歩を踏み出すことができます。手法や技術にとらわれない多角的なアプローチをとり、自分の研究テーマを自分で育てていくことが大切であると考えています。